サイトメニュー

うつ状態を繰り返す

悩む成人女性

うつ病は一般に3か月?12か月ほどで治まりますが、一度治っても再発しやすいのが特徴です。再発を繰り返す場合は反復性うつ病と呼ばれています。主に抗うつ薬で治療を行いますが、治療期間が長引くこともあります。

詳しく見る

病気のことを知る

聴診器

反復性うつ病の仕組みは、ストレスにより発生する可能性が高くなります。自律神経のうち特に交感神経が敏感になっている状態が続くと、反復性うつ病になりやすいです。病院の治療が注目される理由は、適切な精神療法と薬物療法の効果が高いからです。

詳しく見る

再発しないようにする

医者

うつ病は再発しやすいと言われていますが、反復性うつ病は2回以上再発を繰り返すうつ病のことを言います。薬の投与が主な治療法ですが、自分で判断をすることなく、医師と話し合うことが再発予防にはいちばん必要だということを把握することが必要です。

詳しく見る

再発率が高い病気

悩む女性

単発性うつ病を患った人が再び発症すると、反復性うつ病と呼ばれます。その確率は50%とも70%とも言われます。治療は抗うつ薬を基本にして、クリニックによっては、認知療法を主体とする精神療法が行なわれます。

詳しく見る

ストレスが多いと再発する

看護師

うつ病を繰り返す病気です

反復性うつ病は聞きなれない病名ですが、一旦症状が寛解した状態になっても、うつ病を繰り返す病気です。2か月以上の寛解期間を経てから、再発をすることが多いですが、気分障害のひとつです。現代は職場や学校、家庭などでもストレスを感じている人が多いため、お子様から会社員、主婦、高齢者まで誰でも罹る可能性があります。うつ病は十分な休息や睡眠が必要なので、症状が重い場合は一時的に入院治療を勧められることもあります。反復性うつ病の特徴は憂鬱な気分が長く続いたり、意欲や気力が減退したりして、仕事や家事などの日常生活に支障をきたすことがあります。やりきれない気持ちやイライラなどを発散するために、爪噛みや頭髪を抜く、リストカットなどの自傷行為をすることもあります。家族に自傷行為が見られる場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診させることが大事です。病院やクリニックでは、抗うつ剤などの内服薬を使った治療はもちろん、カウンセリングなどの精神療法も行います。うつ病を繰り返してしまう場合は、何らかのストレスが原因なので、一時的にストレスの多い環境から離れることも大事です。学校や職場に通うのが難しい場合は、一時的に休職や休学を勧められることも多いです。反復性うつ病は、一定の寛解期間を経てから再発をすることが多いですが、双極性障害のように躁状態が見られることは、ほとんどありません。憂鬱な気分が一日中続いたり、無気力になって趣味や娯楽にも関心が乏しくなったりします。うつ病は適切な治療を受けることで、回復しますが、薬の服用を中断したり、ストレスの多い生活をしたりしていると、再発がしやすくなります。反復性うつ病で悩んでいる人は、不安や悩み、心配ごとなどがある場合は、医師や家族に話を聞いてもらうことが大事です。信頼できる医師が在籍をしている、精神神経科のクリニックや病院は、カウンセリングに時間を掛けてくれるので、安心して通院が出来る環境が整っています。反復性うつ病は症状の程度によっても、多少の違いがありますが、家族の協力が得られたり、十分に休養が出来たりする環境が整っている場合は、通院による治療が中心になります。仕事や家事などの効率が悪くなったり、気分が優れず外出が億劫になったりする場合は、再発のサインなので見逃さないことが大事です。抗うつ剤や抗不安薬は、服用をすると体調が整ってきますが、症状が回復してきても、自分の判断で減薬をしたり、中断をしたりするのを避けて下さい。カウンセリングなどの精神療法は大変有効です。